心の書写とは(意義)

 

hana8

み言に自分の心を合わせる。

神仏の心に似るため。

心にみ言の種を蒔く、み言の苗を植える、み言を刻み込む。

毎日書写する。

邪心はみ言を妨げ、本心は受け入れる。

継続しなければ、流れ去っていく。

目、口、耳、手でみ言を蒔く。

▲TOP