人から何と言われようとも・・・(こころの四季より)

足跡1他人から何と言われようと

他人が何と思おうと

けっしてあきらめることなく

自分が正しいと信じる道を歩み続けると決意するならば、

その瞬間

皆さんは信仰者として最高の基準に到達することができます。

その基準に到達した時に

神様は無条件で皆さんを信頼することができるのです。

だから、孤独の時、さびしい時こそ

神様のことを思いなさい。

神様を信じて

けっして希望を失わないこと、

これが信仰者にとって大切なことです。

▲TOP