2014年4月6日礼拝説教

題目:『真の復活』

説教者:崔成烈 教会長

場所:藤沢教会 礼拝堂

過分な欲望を中心として、自分の思いを、自分の愛を中心として、自分を主張しながら、自分の世界を作ってきたのが、サタンを中心とした今までの堕落歴史です。今、真の父母様が来られて、正しい価値観、絶対価値観を立てられました。それが、原理を中心とした真の愛の絶対価値観ですが、その真のご父母様のみ言を絶対に信じて、蕩減復帰の道を行き、自己中心な堕落性を脱いだ分だけ私自身も成長し、先祖も成長し、復活するのです。

真の復活をするためには、自分の罪から解放されなければなりません。外的な罪の原因は、内的な堕落性があるからですが、堕落性を脱ぐためには、深い悔い改めの心情が必要です。自分自身が堕落性に対して悔い改められた時に、真に自分の罪の清算の道が開かれるのです。

自分を何千年間も主管してきた、物を中心とした価値観、自己中心の価値観、自分中心の愛を夢見た価値観、そういう堕落性を清算することによって、自分の罪から解放され、自分自身が自由になるのです。家庭盟誓のみ言にも、「自由と平和と統一と幸福の世界」とあります。自分自身が罪から解放されない限り、真の自由も、平和も、統一もないのです。自分の心が自由を得るということは、自分の心が本当の意味で復活するということなのです。精誠条件を立てて、自分の中にある堕落性を悔い改めることによって、真の自由を得る道が、信仰の道です。罪から完全に解放されたならば、考えられない神様の恩恵と愛を受けるのです。本当に、自分が罪から解放され、自由と平和と統一と幸福な生活ができる道があることを信じて、復活の役事を実感できるような、日々の信仰生活を送っていきましょう。

▲TOP